膝の痛みの原因と症状について

膝には、平坦な道を歩いているときで体重の3倍、走っている場合には体重の10倍、階段の上り下りでは体重の7倍の重量がかかることになりますので、特に膝の関節には、障害が発生しやすくなります。

膝の痛みの原因としては、事故やケガ、病気、加齢、などがあります。

事故やケガでは、交通事故やスポーツによって発生する場合の半月板損傷、十字靱帯損傷などがあり、病気では、膝周辺の骨に腫瘍ができる場合、関節リウマチ、痛風、化膿性関節炎などがあり、加齢では、変形性膝関節症、膝蓋大腿関節症、膝蓋骨不安定症、などがあります。

特に、40歳代以上の女性に多い膝の痛みは、変形性膝関節症です。

この痛みは、突然来るものではなく、膝の違和感や膝関節のこわばりや膝に水が溜まってくることや膝の関節の変形などの原因により、何年もかけて、徐々に進行して来てその結果、症状としてあらわれてくるものです。

従って、膝に負荷をかけないように、肥満の解消や無理に運動をし過ぎないといったことをしていくい必要があります。

膝の痛みには、まず、現状の膝の状況を自己診断します。

曲げ伸ばしをするとゴリゴリなどの音がする、階段や斜面を下りているときに力が抜けてカクンといった症状になる、正座を長く続けられず正座の後立ち上がる時に膝の痛みが出る、このような症状は、半月板の損傷や断裂が疑われます。

膝を伸ばしても完全に伸び切らない、直立時に脚がO脚になってしまう、正座が全然できない、運動時に初めは膝痛が出ますが続けていると痛みが無くなる、このような症状は、変形性膝関節症の可能性が高いです。

膝を曲げるとサラの部分が張っているように感じる、サラが浮いたように感じる、左右の膝の形を比べると違った形に見える、このような症状は、膝に水が溜まっていることがあり慢性関節リウマチの可能性があります。

サラが膝の外側にずれているようだ、膝が不安定な感じでガクガクする、といった症状は膝の靱帯の断裂の可能性があります。

そのような症状が出た場合には、こちらを参考にして下さい。

膝の痛みの原因と対策法を知りましょう

Comments are closed.